藤田商事 鉄鋼 特殊鋼 機械加工 KASTO 立体自動倉庫 工作機械 販売 千葉県浦安市 東京

GREETINGS


代表者挨拶
初荷入荷時

弊社は、昭和22年の創業より、鉄鋼販売を中心に機械加工、機械販売を行う専門商社として発展してまいりました。
社名に“商事”を冠したのは、戦後間もない頃、創業者が「いろいろなコトに挑戦してみよう」という思いを込めて。
以来、「誠の心、人の道なり」を理念に掲げ、事業に邁進しています。

日本が好景気に湧く昭和39年、鋼材切断がまだ手作業だった時代にドイツ・KASTO社の切断機をいち早く導入したのも、一つの挑戦でした。日本総代理店に就任後は国内で鋼材切断の機械化を推進し、業界の新時代を切り拓いたと自負しています。

時代の変遷とともに多様化するお客様のニーズには、“資材部の一員、加工工場の一部”をモットーに、迅速な対応を心掛けてきました。鋼材販売のみならず、切断から機械加工、配送までを一貫して提供できる体制を強化。フレキシブルな対応のもと、「多品種変量・短納期」を実現しています。こうしてお客様の作業効率化やコストダウンに貢献しながら、さらなるクオリティの向上を目指します。

おかげさまで、弊社は創業70周年を迎え、関東・東北に全5拠点を有するまでに成長しました。

東日本大震災では浦安本社は液状化現象により、大きな被害を受けました。
工場の建物の50%が沈下・陥没し操業不可能となる中、在庫および切断機能を各支店に移管することで、お客様にはご迷惑をかけることなく乗り切ることができました。これも、仕入れ先様のご協力はもちろん、全部門・全社員が一丸となって尽力したおかげだと、感謝の念は尽きません。

次なる10年もまた、お客様から必要される会社であり続けたい。
そのためにも、時代の潮流を広い視野で捉えて小さなところから取り組む“着眼大局、着手小局”の姿勢で、お客様にご満足いただけるサービスの提供に努めてまいります。

今後とも変わらぬご愛顧とご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

藤田忠義

HISTORY


会社沿革

会社沿革

昭和22年(1947年)10月 資本金18万をもって藤田商事株式会社を設立
昭和30年(1955年)7月 資本金200万円に増資 愛知製鋼(株)指定問屋となる
昭和39年(1964年)8月 ドイツ KASTO社輸入総発売元となる
昭和45年(1970年)7月 埼玉営業所(現・北関東支店)を開設する
昭和47年(1972年)12月 創立25周年を迎え、亀沢本社ビル新築完成する
昭和49年(1974年)1月 浦安鉄鋼センター完成する
昭和49年(1974年)8月 資本金を4,500万円に増資する
昭和49年(1974年)9月 本所税務署長より優良申告法人として表彰される
昭和51年(1976年)4月 浦安鉄鋼センター内にドイツKASTO立体自動保管システム完成する
昭和58年(1983年)4月 浦安機械加工センターが完成し、稼動開始する
昭和58年(1983年)11月 仙台営業所(現・東北支店)を開設する
昭和62年(1987年)12月 創立40周年を迎え浦安本社新社屋完成する
平成9年(1997年)10月 創立50周年を迎える 社内報「ふれあい」発刊100号を迎える
平成10年(1998年)6月 コンピュータ新システム「FENICS50」稼働開始する
平成13年(2001年)1月 北関東支店移転/北関東鉄鋼センター開設する
平成13年(2001年)12月 北関東鉄鋼センター内にドイツKASTO立体自動保管・切断システムが完成、稼働開始する
平成15年(2003年)11月 茨城支店を開設する
平成18年(2006年)8月 コンピュータ新システム「FENICS60」稼動開始する
平成18年(2006年)12月 浦安鉄鋼センター内にドイツKASTO立体自動保管 システムUNITOP2.0完成、稼動開始する
平成19年(2007年)10月 創立60周年を迎える
平成20年(2008年)5月 環境マネージメントシステムISO14001認証取得
平成21年(2009年)2月 神奈川支店を開設する
平成21年(2009年)11月 品質マネージメントシステムISO9001認証取得
平成24年(2012年)6月 東日本大震災後、浦安鉄鋼センター・リニューアル
平成26年(2014年)11月 本所税務署長より優良申告法人として再表彰される(連続9回)
平成27年(2015年)4月 東北支店・東北鉄鋼センター 同敷地内・新築移転
Page Topボタン